ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 復活祭一日前の準備!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
復活祭一日前の準備!
2006-04-22 Sat 16:51
曇り
土曜はいつもうちの近くでライキ(市場)がある。今日は明日のごちそうのために買物客で一杯かと思ったら、いつもより少ない人込み。よく考えてみるとうちの親戚だけでも誰もパトラスに残っていない。みな田舎へこの復活祭の休日を過ごしに去ってしまった。だからか、市場に売りに来ている農家の人も、今日は少なめ。

もちろん魚屋さんは休業。こんな日に魚を買うギリシャ人なんているはずがない。復活祭は毎年ゆっくり連休を楽しんでいるのだろうと思う。

うちのお義母さんが早朝にさっさと買物へ出かけてしまったので、あわてて後を追いかけたら、もう野菜を全部買い終えてかごをいっぱいにしていた。じゃがいも一袋(1キロ)、他にもギリシャでは欠かせないレモンを10個くらい、オレンジ、イチゴ4パック(←ほとんど全部私が食べる!)、パセリ、ねぎ、レタスなどなどで、かごはずっしり。なぜか若い人がひいているのは見たことがないけれど、お年寄りはよく、このタイヤが2個ついた、ステンレスの四角い買物かごをひっぱって買物している。多分昔の習慣で、料理する量、買物する量が半端じゃないので、こうでもしないと、家まで運べないからそうなってしまうのだ。今日の買物はずっしり重いので、私がひっぱった。

その後お肉屋さんへ。もちろん羊肉を買うため。でも今年は羊の丸焼きをしないことになったから、オーブンでじゃがいもと一緒に焼く予定。お義母さんは、少人数の私達では絶対消化しきれないって!!というような量:羊丸ごとの半分(半身)を買ってしまった。それで85ユーロ。この羊の値段は、毎年復活祭に近づくにつれて値上がりしていくので、毎日、今日の肉市場ではいくらで売られているということがニュースになっている。
今日のお肉屋さんは羊の丸ごとが大量に吊ってある。お義母さんが孫の為に牛肉も買おうとしていたら、お肉屋さんが今日はほとんど牛肉のストックがないといっていたくらい、ギリシャの復活祭は羊料理づくし。羊の丸ごとお肉が並ぶ、今日のお肉屋さん

ギリシャではお肉のどの部分も捨てない。頭の部分だって食べる。初めてオーブン料理で焼かれた頭が3つもお皿に乗っているのを見た数年前はショックを受けた。というか今でも直視はできない…。
臓物に関しては、私が唯一食べられる羊の臓物料理でマギリッツァという煮込みスープがあるのだけれど、お義母さんは準備が大変なので、ここ数年は作っていない。でも義兄のお姑さんがすごく上手で、毎年、この復活祭前日の夜中に教会へランパダ(=復活祭の火を灯すろうそく)に火(この火は、毎年イスラエルのギリシャ正教会から空輸され、アテネ空港からギリシャ全土へ運ばれる!!)をともしに出かけ、戻って来てみんなで食べる最初のお肉料理がこれだった。

臓物は何回もよくよく洗わないといけない。その義兄のお姑さんは、今年も、明日の復活祭のために、水曜日の朝もう用意し始めていた。洗っておけば、冷蔵庫で保存できるという。
腸も水でよくよく洗ったあと、木の棒を使って、管の中も良く洗う。この腸の部分はココレッツィという、串刺しの炭火焼・臓物料理にも使われる。(レバーなどが苦手な私はこれは食べられない・・・)良く洗うほど、くさみや苦味が全くない、とてもおいしい料理になる。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:4 | top↑
<<病院での復活祭 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 復活祭二日前!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
イタリアのほうが、物の物価は断然安いですよ!
でもお肉はギリシャの方が多分安いと思います。普段食べるお肉の量がギリシャ人はすごいんですよ。
羊は、ギリシャでは特に大事なお祝いに食べる肉なので、お肉の中では一番高いです。そして、この復活祭前はとくに値上がりするので、例えば一週間前は1キロ、9ユーロ、4日前が一番たかかったらしく、13ユーロとニュースで言っていて、うちでは最終日の土曜に購入したら、少し下がっていて、一キロ11ユーロでした。イタリアではほとんど羊を食べなかったので、いくらしていたか覚えてないんですけれど。
2006-04-24 Mon 02:38 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
アリソス・アネスティ!Salahiさん!
マギリッツァ、今年は食べれないと思っていたんですけれど、ちゃんと義兄のお姑さんがタッパーで渡してくれたので、昨夜食べましたー!夜中の1時で、疲労と空腹の極地だったので、もう本当においしかったです!
羊の頭の目玉が特に私は怖いんですけれど、それをぐにゅっなんてやっぱりギリシャで育つと見慣れちゃうんでしょうか(笑)!?
2006-04-24 Mon 02:27 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-04-23 Sun 20:03 | | #[ 内容変更]
Hello!
フリストス・アネスティ!
小人数でも羊半身なんですね。うちは予定が立たなかったせいで何にも用意できなかったので、今日は外で食べる予定です。マギリッツァも作れなかった...あれすごく好きなんですよ。上手な人が作ったのは本当に美味しいですよね。

丸ごとの羊がいっぱいぶら下がってるのを初めて見た時はびっくりしました。あの頭を食べる勇気はないです。
スーパーでも頭だけとかパック詰めになって売られてますね。子供があの目をグニュって押すので困ります^^;
2006-04-23 Sun 18:40 | URL | salahi #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。