ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャのネームデイと恐ろしい病院の話
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャのネームデイと恐ろしい病院の話
2006-04-24 Mon 23:59
晴れ+夕立で激しい雨(昨日からちょっと異常に暑い)
今日は、ヨルゴスという、ギリシャ人で一番多いのではないか?というくらいたくさんいる男性とヨルギアという女性の名前のお祝いの日。
復活祭の休暇も重なっているせいもあるだろうけれど、うちのだんなさんが、パトラスで一番おいしい(材料が良さそうで、そのせいかちょっと高めだけれど)ケーキ屋さん、ロツァリスという店に行くと、店内から店の外まで長蛇の列ができていたそうで、ケーキを買おうと思っていたのに諦めたという。

ギリシャでは誕生日以上に、この名前の日(ギリシャ人の名前は、ギリシャ正教の聖人の名前から来ているので、どの名前もその聖人を祝う日)に祝って、家族、親戚がプレゼントを持って来るのを、ケーキやスブラキなどの出前などしてもてなす風習がある。遠くにいる親戚や友人には必ず電話でおめでとう!というので、よくある名前の日には、たくさん電話をかけないといけなくて忙しい。うちのだんなさんだけでも親戚、友人にヨルゴス・ヨルギアが7人以上いるので、今日の夕方はひっきりなしに電話をかけていた。

夕方からまた病院へいった。義兄は大分元気になってきて、動けないのが退屈そうなので、クロスワードと、ギリシャで去年から流行っている、「数独」(ギリシャではSUDOKUと書かれている)をキオスクで買って持っていった。病院に着いてびっくりしたのが、復活祭翌日の今日、廊下に7つもベッドが置かれて、点滴を受けている患者さんが寝ていたこと。病院の廊下で点滴を受ける患者さんと付き添いのひとたち 1ギリシャではベッドが足りないことがよくあって、そうすると、ベッドがあくまで何日でも廊下で過ごすことになるんだとか。うちの義兄もコネがなければ、そういう羽目になっていたという。病院の廊下で点滴を受ける患者さんと付き添いの人たち 2

大体、パトラスには国立病院が二つあるのだけれど、新しい方の大学病院は普通の最低限レベル。そしてこの古い方は、設備がひどい。なぜかここ数年、建物を全体に修理してエアコンまで入ったのに、まだベッドごとのカーテンがない!蛇口も冬の暖房用の暖かい水を利用する時期が終わると、お湯が出ない。点滴もベッドに固定されたフックにかけてあって、タイヤつきの移動のものは一室に一本しかない。患者さんが一人でトイレに行こうと思っても、固定の高いフックから外して移動用のに引っ掛けなおしてトイレに行くなんて、病人だから無理。つまり付き添いがいないとトイレも簡単にいけない。

国の予算が足りなくて、どの病院も充分な看護婦さんを雇えないから、看護婦さんは数が少なくて、たいしたことをやってもらえないし、必要なときに、いつまでも来ないことがある。などと問題だらけ!しかもこの古い方は、ちょっと15年前にうちのお義母さんが手術で入院したころは、汚くて、夜に壁を、あの口にもできない“ゴ・・・”が歩いているのが当たり前だったなんて聞いてしまった。今は普通に清潔なので、これは最低限よかったという部分。お義母さんはドーナッツをかじりながら、初めてこの病院で何か食べたりできたわ、と言っていた。当時の汚い印象が抜けなくて、その後ましになってからも、食べものを中で食べる気がしなかったんだという。

病院で見た夜の大きなニュースは、アメリカの国務長官コンドリーザ・ライスがアテネにやってきた話。ギリシャにイランへの攻撃の場合の協力を要請するためにやってきたらしいのだけれど、ギリシャは戦争反対の国で、イラクでも協力を拒んでいる。空港から市内まで厳戒な体制がしかれて、主要道路が閉鎖になったらしい。共産党などが垂れ幕をかかげてデモ行進していた。

スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:4 | top↑
<<ギリシャのだんなさんたちって・・・ | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ギリシャの放射能!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
akiさん、こんにちは!それについて、私もイタリアにいたとき不思議だったんです。なんでかわいいケーキらしいものがないんだろうって。ギリシャは普通にケーキらしいものがたくさんあります。でも、材料がイマイチ、例えば、生クリームが植物油脂だったり、質の悪いものもあります。おいしい店であれば、本当においしいです。それと、甘いもの好きな国民なので、全体に甘めですね。日本人にとっては。
2006-04-26 Wed 07:15 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
harulaさん、実家から戻られたんですね!うちの周りに特に多いほかの名前はディミトラです。

私も戦争反対です。今日あまりニュース見れなかったんですが、ギリシャは戦争には協力しないということをはっきり伝えたみたいですよね。良かった。
2006-04-26 Wed 07:12 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
イタリアの病院も評判が悪いですが、ギリシャもちょっと怖いですね。ところで、ギリシャのケーキはどんな感じですか?イタリアで日本のような見た目の良いケーキを見つけるのは、大変ですが・・・。
2006-04-25 Tue 23:54 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
How are you?
こんにちは。家の義理姉は、ヨルギア、旦那は、ヨルゴス。確かに親戚だけでもかなりいます。そしてマリア、コスタス、ニコス、エレニさんも多くいます。得に話の中にマリアが出てくるともうどのマリアなのかわからないほどたくさんいます。

ライスが来ましたね~。ギリシャが戦争反対の国でよかったけれどアメリカの利益のために(と私は、思っています)他の国を巻き添えにしないで欲しいし、そのための戦争は、絶対にしては、いけないです。
2006-04-25 Tue 19:05 | URL | harula #rbF5.QZA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。