ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャの優雅な船の話
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャの優雅な船の話
2006-04-28 Fri 23:59
曇りと小雨
雨のせいもあって、今日のパトラスは渋滞がひどい。夕方出かけたときは、港の中を通過して近道をした。停泊中の大型フェリーが並ぶ港内に、ヨットハーバーにはおさまりきらない大型クルーザーが優雅に停泊していた。
船尾を見ると、モントリオールとある。ということは、カナダ東海岸からパトラスくんだりまで、クルーザーでくるっていうことらしい。昨年末に別の巨大クルーザーが泊まっていたときには、ローカルニュースにもなっていた。どこか北欧のお金持ちの所有だったと思うけれど、それは専用ヘリコプターまでクルーザーの上についていた。

ギリシャは島々にもギリシャ人や外国人のVIPが船で直接乗り付ける。ギリシャ人のオナシスのように有名なお金持ちでラッツィス(昨年ヒルトンの娘パリスと婚約して話題になったパリスの家族)という家族がいるけれど、彼らは豪華なクルーズ船を所有していて、専用のクルーを雇用し、世界的にも有名なVIPにくつろいでもらうために、バカンスに招待したりしていると言う。イギリスのチャールズ皇太子もとても親しく、よくその船でバカンスを楽しんでいるらしい。

ギリシャでは、「エフォプリスティス」という単語がある。上に述べたオナシスもラッツィスもその一人。意味は「船舶の所有者、もしくは船舶を利用したビジネスの経営者」でギリシャに多数あるフェリー会社や輸送用のタンカーなどの所有者・経営者を指すのだけれど、「お金持ち」を意味する代名詞としてもよく使われる。

船関連の仕事に従事しているギリシャ人はたくさんいる。特に島出身の人たちが多いけれど、港町パトラスでもやっぱり、うちの近所だけでも年金生活者も含めて数多い。現代ギリシャでは数少なくなった、古代ギリシャからの伝統の一つがまだ引き継がれているなあと感じる。

スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | 現代ギリシャの習慣 | コメント:2 | top↑
<<パトラスのヨーロッパ文化首都イベント追加情報 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | パトラス子育て事情>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
akiさん、こんにちは!
ギリシャで優雅なクルーザーを見た度にいいなあいいなあと思いますが、もちろん私にも夢のままです。なのでせめてと思っているのが、そのうち小さい小さい船でも買って、釣りにでも行くか、ちょと散歩がてら海へというもの。そしてその前にまず免許を取ろうかなあとも思っています。すべてそのうち・・・という感じです。
パトラスって田舎で特に何もなく、あるのは海!なので海を楽しまないとなあと思うので。
2006-05-02 Tue 17:06 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
イタリアでも船=金持ちというイメージありますよね。夏になると金持ちはみんな自分の船で島などへ行ったり・・・。私にしてみたら、夢のまた夢です・・・(笑)
2006-05-02 Tue 09:59 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。