ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary たばこがやめられないギリシャ人
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
たばこがやめられないギリシャ人
2006-05-03 Wed 23:59
晴れのち曇り
引越し先の家が空いたので、エアコン設置の準備で穴を開ける位置などの印をつけてもらった。ダイキンの代理店屋さんで、私が空気清浄にこだわっている理由がたばこの煙というと、25年間吸っていたタバコをやめたいきさつを話してくれた。

なんと15歳から吸っていたという。これは日本だと不良という感じかもしれないけれど、ギリシャでは当たり前。全然学校でも先生がチェックしてないのか、子ども?というような子達がたばこを吸っていたりする。タバコだけでもよくないのに、ハシシやもっときつい麻薬も学校で売り買いされると聞く。それに、この辺はイタリアとギリシャは本当に共通していて、若い女の子の喫煙者もとっても多くて、吸ってない子を探す方が難しいくらい。

そして若い子たちが、取り締まられているはずのハシシを吸うこともよくある。私はタバコを吸わないのでよくわからないけれど、独特の香りがするからすぐわかるという。イタリアでも誰かのパーティーなどで大人数集まると、どこかでハシシを吸い始める子が必ずいて、それを分け合って一緒に吸う子や、嫌がる子など反応はいろいろ。

しかもイタリアでは若い子のたばこをやめさせようと、税金を上げたりしているので、1箱がとても高い。現在の値段は調べていないけれど、リラの頃で、7000リラ以上していた覚えがあるので、400円近かったと思う。ギリシャでは国産たばこもたくさん銘柄があり、主要産業の一つ。税金を高くしすぎるわけにはいかないせいか、国産は安い。GRという銘柄が1ユーロ90セント。輸入銘柄はマルボロで2ユーロ70セントとか。なんにしろ日本より高めだけれど、若い子達もせっせと買い続ける。

例の黒枠でおどろおどろしい、脅し文句「煙草は人を殺します」などと箱の半分のスペースを使って書いてあるものも、何の効果もない。ギリシャ、イタリアで売られているたばこ。ギリシャはこの紙巻たばこを吸う人が多い。イタリアではおしゃれに、その文句の部分を隠すケースのようなものが売られていて、いつもタバコをすばすば吸っていた友達のお母さんが、嬉しそうに見せてくれたことがある。ギリシャではそんなものもないけれど、別に誰も気にしていない。
他にも、健康にどんな悪影響があるか説明したもの、子どものそばで吸わないように、などいろいろバージョンがあるけれど、見慣れてしまって読みはしない。さらに英語、イタリアでは「煙草は人を殺します」と言い切っている文句が、ギリシャ語では「煙草は人を殺すことができます」と、表現まで柔らかい。
イタリアのタバコ。大文字で「タバコは人を殺す」と書いてある。 ギリシャのタバコ。イタリアのものに比べると、「タバコは人を殺し得る。」と少し柔らかい表現!



そしてなぜかイタリアでもギリシャでもタバコをやめたという話を聞いたことがあるのは全部男の人!女の人の方がタバコをやめずに続けているケースが多い。

さて、今日彼が話してくれたタバコをどうやめたかというのは、やっぱりやめるのは意志の力だけだなというのをさらに再認識させてくれる。

今11ヶ月のお子さんがいて、その赤ちゃんがまだ数ヶ月に満たないころ、アトピー性の皮膚炎になった。たばこが原因と確定しているわけではもちろんないけれど、やめた方がいいなあと思っていたタバコをやめるきっかけとなったという。アテネにタバコをやめるためのセンターがあって、(パトラスにも支部があるらしい)そこへ通うことに決め、予約まで入れた。その予約の日の前日に、センターなんかに行かなくても自分でやめられるんじゃないかと思い直し、結局センターには行かず、やめると決めて今6ヶ月、一本も吸っていないという。

そして一旦やめた人がたまにちょっとでも吸うと、普段吸っている人以上に、身体への悪影響が大きいということも教えてくれた。禁煙しよう、もしくはした人、要注意!!!
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:7 | top↑
<<ベッドメイクとアイロンにまつわる話 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ギリシャのおまじない>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
シリウスさん、こんにちは!
私はベランダで吸ってといいたい派なんですけどねー。でもうちの夫のいとこは、子どもを理由にお客さんには台所で吸うように、というのは実行しています。子どもに吸わせないようにというのも、当たり前そうでいて、それさえできないギリシャ人たちが結構いるんです。
2006-05-23 Tue 04:54 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Thank you!
役所が禁煙法を守らないのだから、一般市民も守る訳がないということですね。また、一般家庭で家の中を禁煙にするのも習慣が無いので、客が来てベランダですって貰うように頼むのもまだ中々出来ないでしょう。
2006-05-22 Mon 23:46 | URL | シリウス #/Im/D6EM[ 内容変更]
Hello!
シリウスさん、コメントにちょっと追加です。
そんなに長くギリシャで生活されたということは、大先輩ですね!
喫煙率ですが、私のヨーロッパ数カ国にいる友人を見たり聞いたりしている範囲では、ヨーロッパも北へ行くほど少なく、南へ下るほど多い傾向があると思います。

イタリアは実際に罰金を課すという、厳しい法律で(昨年だったと記憶しています)突然BARなどの中での喫煙が禁止されましたが、それほど厳しくするというのは、実際唯一の効果的な方法であったと思います。20代の女の子の知り合いの中で、吸わないのは10人に一人いたかどうかという位の喫煙率の高さでしたから。

ギリシャ人に法律を守らせるには、ちゃんとチェックをして罰金を課すしかないでしょうけれど、ギリシャ人の性格からして、そんな風には永遠にならないだろうなあ、と思っています。
またレストラン、カフェの店主にとってもお客さんを失うことが一番怖いので、あまり禁煙コーナーを増やしたくないようです。イタリアでもBARの持ち主たちが、当時、法律にものすごく反発していました。
2006-05-21 Sun 21:46 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
シリウスさん、はじめまして!
2002年からヨーロッパ共同体に強制されて(!?)公共の場での禁煙と、カフェなどでの禁煙テーブルが出来た件ですよね。
私はタバコ嫌いなので、なんて嬉しい法律が・・・と期待していたのですが、ギリシャは法律は破る為にある!と思っているらしいです(ギリシャ人何人かに言わせると)。

まずパトラスの役所でも大抵、どの机にも灰皿。それも直径20センチくらいの特大サイズが各机においてあるオフィスもあります!
バスの運転手も終点あたりで客が2人くらいになると、窓を開けてですが吸い始めたり。
もう全然なってないですよ。アテネではさすがにもう少し法律が守られていると思いますが。

日本はタバコが安い国だったのに、マイルドセブンが300円とはすごいですね!!目的は喫煙者を減らすことでしょうか?
2006-05-21 Sun 18:47 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Good!
始めまして。以前1991年から2002年までギリシャに在住していました。ekathimerini.comの英文サイトを読んで2002年に法律が施行されても、相変わらず禁煙が守られてなく殆ど改善されていないということですね。ちなみに、日本の煙草価格はマイルドセブン等が7月1日から270円→300円に値上げされますので、ギリシャ国産のGR(270円前後)よりも高くなるようです。とは言え、ギリシャの煙草は安すぎるので喫煙率が高いままだということでしょうか。値上げがそれ程できない問題点はギリシャも日本も同じことだといえます。また、私の友人である元ギリシャ在住の現スウェーデン在住によるとスヌース(EUで禁止されているウェットタイプの嗅ぎたばこが例外的に認められている)が普及しているスウェーデンの喫煙率は女性はギリシャのほぼ半分ですが、男性は既に半分を切っているそうです。現地では屋内禁煙の法律が2005年施行されきちんと守られており、専用の喫煙室か屋外で喫煙していてスウェーデン人よりも出張中の日本人の方が喫煙姿が多いということだそうです。

ギリシャでたばこ臭くないのは、観光客の多い遺跡や博物館、修道院、空港の待合室等、飲食店では屋内全面禁煙のスターバックスに限れていますが、屋外で食べることが大好きなギリシャ人にとって屋内は50%(ただし全席喫煙可能が認められる一部例外店舗有)の規制を観光客を増やしたり、受動喫煙防止政策として例外店舗なしの屋内全面禁煙にしても難しくない話だと思いますが...
2006-05-21 Sun 14:12 | URL | シリウス #/Im/D6EM[ 内容変更]
Hello!
harulaさん、こんばんは!たばこってやめたあと、嫌いになることもあるんですね!また吸おうかなあという誘惑がなくていいですよね。
ヨーロッパのたばこって、日本のライトよりきついんですね。私の夫は数量を減らす為と、少々きつくても、普通のたばこより、紙巻タバコのほうが健康的らしくて、紙巻タバコを吸っています。やめようかなあと口にしますが、まだまだ本気ではないですね。
私は煙が大嫌いなので、よくけんかしてますが、たしかに紙巻タバコのほうが、紙などの違いからか、マルボロの煙より匂いも目などにしみるのも、ましなんです。

イタリアの禁煙は私が去ってから始まったので、私のイタリア滞在中はバールでたばこが煙っていてよく外へ逃げ出していました。そして今のギリシャも、カフェやレストランで煙から遠ざかるのに苦労してます!子どもが近くにいても平気な人が結構いますよね。
2006-05-05 Fri 03:38 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Oh!
こんにちは。6年前までタバコを吸っていました。このときは、イタリアにいたのですが日本から持ってきたタバコと友達が買ってきてくれたタバコを吸っていました。(日本のタバコは、ニコチンが1mg以下の軽いのを吸っていた)イタリアには、軽いのでも4mg(たしか?)だったので日本のタバコが切れたのとタバコが高かったことと今のだんなにやめたほうがいいよって言われたのが決め手となり禁煙をしました。
その時は、日中、吸わなくってもいられたのですがお酒を飲むときとなにかイライラした時がつらかった記憶があります。
それも次第になれて今では、大のタバコ嫌いですが。
イタリアは、バールが禁煙になったからいいですがギリシャは、レストランやカフェなどが禁煙になっていないのでタバコ嫌いになった私は、外で食事をとれるところしか行かなくなりました。

タバコを吸うのは、自由ですがせめて子供(赤ちゃん)のいないところで吸って欲しいですね。

その代理店の方は、生まれてくる子供のために禁煙をされて偉いですね。
2006-05-04 Thu 23:50 | URL | harula #rbF5.QZA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。