ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 続 新聞の日曜版
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
続 新聞の日曜版
2006-05-07 Sun 23:18
晴れ
今日の、パトラスで一番大きいローカル新聞「ペロポニソス」によると、以前「地中海とカフェ物語」ホームページで紹介した、世界最大のギロ(ホームページ内のギリシャ・イタリア面白写真ニュースで写真を載せています。)が無事ギネスブックに載ったそうで、パトラスがギネスブックに載ったぞ!という記事になっていた。
もう一つのパトラスの大きなニュースは、遅れつつもあと数ヶ月で完成予定の新しい考古学博物館について。敷地はなんと8000㎡!
記事によると、外壁は全て大理石になるらしい。今日は中の様子が写真で公開されていて、それを見る限りとても素敵な建物で、完成が楽しみだ。

今週の日曜日は新聞のおまけ( これに関しては、3月18日の日記「おまけに釣られて」、3月19日の「新聞の日曜版」も参照してみてください。)が充実していて、どれを買わないでおくか、というのに迷うくらいだった。何しろ、おまけがついて安いとはいえ、一つの新聞とおまけのセットは3ユーロだから約420円する。悩んだ末見送ったのは、「キリアカティキ」という新聞で、海外クラシック文学の小説一冊と地図(今回はペロポンネソス半島)が付いていたもの。

買ったのは、木曜からペリプテロ(=ギリシャのキオスク)で予約しておいた、「セマ」という新聞( これは、昨年有名なジャーナリスト数人が始めて話題になった新しい全国紙。購読率も高いけれど、なんだか庶民的な男性誌っぽいのが残念で普段は買っていない新聞です。)で、大のお気に入りのギリシャ映画「ポリティキ・クジーナ」(=邦題「タッチ・オブ・スパイス」)のDVDと、それに合わせてイスタンブールの料理(※ギリシャではこれがポリティキ・クジーナ、つまりポリ風の料理と呼ばれている。”イスタンブール”の地名は現代ギリシャ語では”コンスタンティヌーポリ”で、簡単に”ポリ”と呼ぶことが多い。)のレシピも付いてきた!新聞「セマ」とそのおまけの雑誌、DVDというので、ペリプテロで予約しておいて正解で、これは私が行った朝10時には、もう予約分以外売り切れていた。

この映画は、政治問題にからんで、トルコから追放されることになるギリシャ人たちの話を、それ以前の時代のイスタンブールから描写している。音楽もとてもいいし、映像がノスタルジックで美しい。故郷のイスタンブールから追放されてギリシャへ移住してきたギリシャ人たちの話は今でもよく出てくるし、その出身の人々は、ギリシャに来てからもこのポリティキ・クジーナを作っているので、料理番組や、ドラマでもよく見かける。ものすごく興味があるけれど、食べる機会には残念ながら恵まれていない。
料理や現代ギリシャ人の歴史に興味がある方には、特にお薦めの映画。
ところが、映画のストーリーで、主人公がトルコの女性に恋をしたことの何かがいけないと判断されたらしく、トルコはこの映画のトルコでの公開を禁止してしまったというのを以前新聞で読んだ。追放前はギリシャ人とトルコ人が仲良く生活していたことが描写されていて、逆にトルコとギリシャの友好関係を助けるかとも思ったのだけれど。

もう一つはよく買っている「カシメリニ」という新聞で、今日はイギリスBBC製作のドキュメンタリー「レオナルド・ダ・ヴィンチ」のDVDが付いてきた。これは続いて来週「ミケランジェロ」のDVDもおまけになる。新聞「カシメリニ」日曜版とそれについてくるおまけの雑誌、DVD

しかもこの「カシメリニ」は昨日から、ミラノのRCS Libri S.p.A出版の美術書(偉大な画家のシリーズ。もちろんギリシャ語に翻訳されている。)を土曜版に追加5ユーロ90セントで付けるというサービスも始まっている。昨日はしかも初回特典で追加料金なしの、2ユーロ50セントだけで「ミケランジェロ」の一冊が付いてきたのだから、もちろん購入。新聞「カシメリニ」の土曜版とそれについてきたDVD,美術書など

こうやって、なんだかんだと、二日間の新聞代が合計8ユーロ50セント(日本円で1,200円くらい)になってしまった。でも、ギリシャでは本がとても高くて、日本のように気軽に買えないので、本だけでもそれ以上の価値がある。DVDももちろん、レンタルの値段が2ユーロから3ユーロだから、新聞代もそのほか雑誌なんかも含まれていることを考えるとレンタルするより安いおまけ。

そうやって、いいものがあるたびに、複数の新聞を買ってしまうと、お得なおまけを得られて嬉しい半面、新聞会社の戦略に踊らされているような気もする。ちょっと複雑な気分・・・。 
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:11 | top↑
<<ギリシャで刑事が活躍するドラマがない理由!? | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 一瞬のうちにアテネが戦場に!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
akiさん、こんにちは!
そのドナルド・ダックの本の広告、RAIUNOで見ていいな~と実は思っていました!
DVDはイタリアって雑誌のパノラマに付いてくるのとかありますが、おまけっていうには高い値段ですよね。
ギリシャではイタリアの映画(古いものから、RAIの2時間×二日間のドラマなどまで)のDVDがいろいろ手に入るので、ラッキーだと思ってます!
2006-05-12 Fri 05:08 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
ギリシャのおまけ新聞も楽しそうですね。DVDがおまけになるなんてちょっといいかも。イタリアだとDVDはあんまり見かけないような・・・。私も先日はおまけにつられて?ドナルドダックのアニメの本を手にしました。
料理の本は、おまけだと嬉しいですよね!
2006-05-11 Thu 14:39 | URL | aki #Zro8.eHg[ 内容変更]
Hello!
turkuvazさん、アンタルヤは大きい街ということなので、ありそうだと思ったんですが、やっぱり興行収入の大きい映画がメインなんでしょうね、DVDレンタルも中古も。
それにトルコの一般の方々がどのくらいギリシャの映画に興味を持っているかに寄りますよね。
ギリシャでもトルコの映画ってあんまりないと思います。新聞のおまけでも一回だけ偶然手にいれたくらいですねー。
2006-05-09 Tue 14:10 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
Salahiさん、うらやましいです、やっぱりアテネは日本料理にしろ何にしろ種類が豊富で・・・。パトラスにないとは言い切れませんが、私は見たことはまだないんです。
「セマ」はsalahiさんが買っていそうだなあと想像していたんですけれど、買えなかったんですねー。おまけDVDがギリシャの関係の映画の時って、すごく売り切れるのが早いんです。前「ヴィマ」でビッグ・ファット・グリーク・ウェディングが付いていたときも、どこのペリプテロでも売り切れで・・・。それで今回はしっかり予約しました。
2006-05-09 Tue 14:05 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
>中古DVDショップにあったということは、普通に出回ってるんですね、トルコでも。

いえいえ、それが、何軒もDVDショップを廻ったのですが、見つからないし、誰も知らないし、で、たまたま通りかかったそのお店で訊いたら、あったんですよ。コピーした方が安いから焼いてあげるよって。店頭に出してるのはもちろん正規のものです。ずっと裏のサービスもやってたんでしょうね~。ポリスにクレームが行ったらしいです。

それから、『花嫁たち』は『ニフェス』と言うんですね~。アンタルヤでは絶対見つからないだろうなあ。。。
2006-05-08 Mon 23:07 | URL | turkuvaz #-[ 内容変更]
Hello!
うわ~ん!(泣)「セマ」買おうと思ってたのに、バタバタ忙しくて買いに行けなかったんです!でもどっちにしても売り切れてたかも...。

ポリ料理のレストランってパトラスにはないんですか?アテネにはいっぱいあるので、よく食べに行きます。
2006-05-08 Mon 17:43 | URL | salahi #-[ 内容変更]
Hello!
kiyomulanさん、こんばんは!
そうそう、レンタルビデオ業界が怒っていてこの無料DVD問題を提訴してたと思うんですが、決着はどうなったのか?知りません(笑)。

採算もどう取っているのか不思議ですが、このおまけ(DVD)が始まってから新聞各社の売り上げが急激に伸びているようなので、広告料でも値上げして儲けているのでは?と推測しています。
2006-05-08 Mon 07:05 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
中古DVDショップにあったということは、普通に出回ってるんですね、トルコでも。映画館で上映しなかったということだったんでしょうか。私がどこかで読んだニュースは。
その人、海賊版をお店で売ろうとは勇気がありますね。ギリシャではモロッコ人がCDやDVD海賊版を売り歩いていますけれど。

その花嫁達の映画は「ニフェス」というのですが、宣伝時点では見たい~と思っていたのに、始まっても見ると、見た人がみなつまらなかった・・・というので、まだ見ていないんです。どうも話によると、ちょっとテンポがゆっくりというか、退屈みたいなんですね。でも内容には興味があるので、そのうち・・と思いつつそのまま。そのうち見たらブログにも感想を書くと思います。

「タッチ・オブ・スパイス」はなんとかいつか見てくださいね。ほんとにお薦めです。
2006-05-08 Mon 06:51 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
土日は、うちも新聞であふれます。旦那がおまけにはまってるので・・・特にお目当てはDVDですが。「ポリティキ・クジーナ」は私も見たかったのでうれしかったです!
でも、こんなにおまけが多くて、良く採算がとれますよね。
2006-05-08 Mon 06:48 | URL | kiyomulan #-[ 内容変更]
Hello!
『タッチ・オブ・スパイス』私も観たくてしょうがないんですが、地元ではいまだに遭遇できません。一度中古DVDショップで「焼いてやろうか」と言われたので気軽にお願いし、受け取りに行ったら警察が来て60万円の罰金を取られたから、もう受けられませんって。。。。(危うく共犯になるところでした。汗)
私も、ギリシャ・トルコ間の住民交換や、移民をテーマとした作品には関心が深くて、気になって入るのですが。

この機会にお伺いしたいのですが、1年半ほど前に新聞で紹介されたパンテリス・ヴルガリス監督の『花嫁たち』という映画を観たいと思っていたのですが、いまだ機会なく。
ご覧になりましたか?冒頭はトルコが舞台になっているようなのですが・・・。
ギリシャ映画は私の住むような中都市ではなかなか見つからないので、残念です。
2006-05-08 Mon 03:37 | URL | turkuvaz #-[ 内容変更]
Hello!
chottocafeさんも書かれてたんですね。私も今日買ったFIGAROのおまけ話書いちゃいました。
2006-05-08 Mon 01:05 | URL | harula #rbF5.QZA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。