ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 義務教育から脱落する子どもたち
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
義務教育から脱落する子どもたち
2006-05-11 Thu 23:59
曇りのち晴れ
先日買った5月7日の「カシメリニ」に載っていたのだけれど、ギリシャでは、日本と同じ小・中学校の9年間の義務教育を、どれだけの子どもたちが終えられないか、という怖い記事があった。ここでその記事の筆者、国会の副議長を以前務めていた、マノリス・G・ドレタキス氏による分析内容をざっと紹介してみる。

調査は1997年度から2000年度までのもの。小学校で、1997年度は中退者が959人(全体の0.15%)が2000年には1436人(0.22%)に増えている。中学校は1997年度の中退者はたったの627人(0.16%)であるのに、毎年増加していて、2000年度には11,490人(3.19%)にもなっている。
そして、2001年3月18日付けの調査の結果では、20-24歳の人口の11.7%、25-29歳の13.2%、29-34歳の17%が、9年間教育は憲法で義務となっているにも関わらず、中学校を卒業していないという。つまり現在のギリシャの教育システムに問題があるはずだから、即急に対応すべきだという、ドレタキス氏の問題提起。

まだ子どものいない私は、学校の実態があまりよくつかめないのだけれど、ギリシャではまるで日本のように塾がたくさんあって、学校の授業の補習から各国語の言語にいたるまでたくさんの子どもが通っている。もちろん家庭教師を利用している人もたくさんいる。学校での授業が充分ではないので、塾に行かせなければ、大学までの進学は絶対無理と、みなが口をそろえて言う。実際、日本人の私からみると、年間の授業の時間などもとても少ないように思う。

イタリアでは、日本のように学校の授業が過密と言う感じではないにも関わらず、大学進学直前まで塾なんて誰も行っていないし、子供向けの塾自体、見たことがなかった。イタリアの大学に留学するギリシャ人はとても多い。ギリシャの大学卒業後、フィレンツェ大学の大学院課程へ行っている友人も、教授や授業の質がよいとイタリアの大学をとても気に入っている。
さらに、ギリシャの裕福層になると、子どもをアメリカやイギリスの私立学校へ送り込んでいることも多く、ギリシャのお金持ちの子息はアメリカやイギリスの有名大学・大学院卒業者が多い。

日本の場合は、何かのギリシャの雑誌に「ヒキコモリ」というタイトルで日本の「引きこもり」問題を紹介している記事があった。日本はせっかく義務教育の質が良い国なのに、プレッシャーが強すぎる社会で、逆にのんびりさに欠け過ぎるらしい。日本とギリシャでは両極端な理由で、学校に行けなくなってしまう子供達が出るということになる。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:9 | top↑
<<明日、彗星が地球に大接近!! | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 意外に働き者のギリシャ人>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-04-25 Fri 15:10 | | #[ 内容変更]
Hello!
Mic'oさん、なるほど、専門的な分野の授業だけ、口頭のみの試験になるんですね。

卒業パーティを試験の前に、という順番は確かに不思議ですね。もしかすると、たとえ落ちちゃってもパーティは平等に楽しめるように、という計らいなんでしょうか(笑)。

2006-05-14 Sun 02:54 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
言葉が足りなかったようなので少し補足させてくださいね。

試験に関してですが、教科によっては口頭だけでなく筆記試験も行われます(外国語、国語、数学等)。実はうちのダンナも学校関係者で肩書きはスクールセクレタリーですが、教師不足等もあり彼の専門である法律や経済の授業も受け持っていて、それらの授業では口頭のみの試験を行っているそうです。

卒業にあたっては論文(レポートといった方が正確かもしれません)の他に卒業試験もあります。ただ、おかしいのが卒業パーティーを行った後に論文の提出と試験が行われる事。これじゃ折角のパーティーなのに心から喜べないじゃない?と思うのですが、ダンナによるとこれで及第する生徒は殆どいないので大丈夫だそうです。

高校の分野別(理系、文系等)ですが、地域によってはあるそうで、私が住んでいる街のギムナジア(普通科高校)でも内戦前は理数系、文系、語学系等に分かれていたそうですが、今は生徒数もクラス数も減った為か分野別に分かれての授業はないそうです。


2006-05-13 Sat 23:33 | URL | Mic\'o #wgxJSFNY[ 内容変更]
Hello!
Mic'oさん、こんにちは!
テストではなく、指名されたときの答え方だけで決まるというのはおもしろいですね。でもちょっと怖いですね、たえず勉強をちゃんとしておかないといけないと強制されているような。先生の主観も強く入ってしまいそうな気もしますが、でも生徒の理解力を確かめるには効果的な方法ですね。

高校で卒論ていうのはすごいですね!ということは、高校である程度何かを研究するにあたって分野の専攻もあるんでしょうか?イタリアのように芸術系、文学系、科学系など高校が分かれていたりするんですか?

ヨーロッパでの教育は口頭での試験が多いですよね。日本で育った私は、イタリアで少し経験がありますが、すごーく緊張してしまいます!
2006-05-12 Fri 23:51 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
salahiさん、こんにちは!
昔はあまり塾なんてなかったんだと思うんです。家庭教師はうちのだんなさんのお父さんが呼んで、いとこたちと兄弟の4人を見てもらったりしていたそうですが、当時すごい出費になったということなので、普通は学校と宿題だけだったんだと思います。
でも今はほんとに住宅地へ行くほど塾がどこにでもありますよね!
日本との教科書の内容の違いもあると思いますが、学校では教科書を最後まで終えられないと聞いたことがあるので、その足りなそうな部分を家で見てあげるだけで、充分なのでは?とも思います。私も親が塾嫌いで塾へ行かずに育ったので余計塾通いはかわいそうだと思ってしまうんです。

そういえば、つい先日ニュースで高校1年の科目を中学に組み込んだりして、全体に教科書を改訂するようなことを聞いたので、義務教育のレベルアップをギリシャも考えているようです。
2006-05-12 Fri 23:44 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
turkuvazさん、こんにちは!
その女の子だと学校へなかなか行かせてもらえないというのが、ギリシャに住んでいる国籍ギリシャのトルコ人たちも同じらしいんです。先日書いた、知事に立候補して話題になっている弁護士の女性も、クラスでたった二人の女の子の一人だったと、昔の先生がテレビで語っていました。

学校へ行かなくなってしまった子がどうしているのかというのは、残念ながら調査されていなかったんです。でも働いている子どもがいるのは確かです。ジプシーの子どもが一番かわいそうで、夜中の3時などでもクラブにお花を売りにきたりします。退学を数えられている人数は、入学時と卒業時の児童の数の差なので、そういう入学さえしているか不明なジプシーの子供達も含まれているかはわかりません。
2006-05-12 Fri 23:31 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
ボスニアでも休みが長いし、学校も半日しかないので傍から見ると「いつ勉強してるのか?」と思われるようですが、結構宿題もきっちり出るみたいですし、中間、期末試験がない代わり、授業中に指名された時の答え方によって点数が決まるようなので、いつもきっちり勉強していなければいけないのかなーという印象があります。高校の卒業時には卒論も提出しないといけないし。
家庭教師について勉強というのはあるみたいですが、塾は語学や芸術系以外はないと思います。(少なくとも私の住んでいる地方都市にはない)

それより問題なのは教師が故意に及第点を与え、しかも自宅等で補習授業(有料!)を行う事。もちろんこのような行為は法律違反です。勿論全ての教師が行っているわけではありませんが、教育現場のモラルが問われますね。
2006-05-12 Fri 18:24 | URL | Mic'o #akHpy0yU[ 内容変更]
Hello!
義務教育でも中退できるものなんですか。こちらでは子供が働いてたりしますが、あの子達も学校へ行ってないかもしれないんですね。

塾にでも通わないと進学できないというのにも考えさせられます。夫から聞いた話では、学校の先生が塾のようなものも掛け持ちしてて、みんなそこへ通ってたらしいです。うちの夫はそんな塾へもほとんど行かず、それでもギリシャで大学、イギリスで大学院を終了したので、そんなものかな~と思ってたんですが。

あまり詰め込むのは可哀相だけど、うちの子も塾に通わせないといけないかなぁ...。
2006-05-12 Fri 17:37 | URL | salahi #-[ 内容変更]
Hello!
トルコも塾ばやりで、小学校3~4年くらいから通い始める子供たちが増えつつあります。高校受験と、もちろん大学受験(統一センター試験)のためには、塾なしでは受からないのは、トルコも同じ状況です。
公立の小学校(中学校と統合されて8年)は2部制のところが多く、クラスの人数が多くて授業時間数が少ない(4~5時間くらい?)ので、補習の意味でも必要なんでしょうね。

トルコの場合は脱落者以前の問題があって、東部~東南部では親の無理解で学校に行かせてもらえない子供たち(女子が特に)が多く、この子たちをまず学校に行かせてあげることが先決問題となっています。

ところで、中退したギリシャの子供たちはどこでどうしているのでしょう?働き始めるのでしょうか?それとも親元でのんびり?それが気になります。
2006-05-12 Fri 06:13 | URL | turkuvaz #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。