ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary テレビっ子のギリシャ人たち
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
テレビっ子のギリシャ人たち
2006-05-13 Sat 23:59
晴れ
ギリシャでは、全国放送をしているテレビチャンネルが、国営で3チャンネル、民放で5チャンネルある。特徴は、なんと言っても民放のCMの多さ。もう多すぎて何を見ていたんだっけ?と忘れてしまうくらい続くことがある。人気番組であるほど、このCMによる中断が長い。国営テレビの受信料は電気代に含まれているので、強制的に皆払っている。ただし受信料を払っていても、少ないけれどCMは入る。このお金を払っているのにCMが入るのはイタリアも共通している。

ローカルチャンネルも盛んで、無数にチャンネルが存在するテレビ天国!そして、ギリシャ人は無類のテレビ好き。各部屋にテレビが一つ設置されているのは珍しくない。寝室にもテレビが必須で、ないと寝れないという人もたくさんいる。

それに夜更かし型のギリシャ人に合わせてあるので、おもしろい番組の時間帯が遅め。夜中の12時前に始まる、おもしろい番組がいくつもあって、私も夜更かしになってしまう。そしてどのチャンネルも24時間放送。CMばっかりというのもあるけれど、夜中も映画などどこかのチャンネルでやっている。日本のように、国歌が流れて終了したりしない。

ところが、日本人ならびっくりしてしまうことに、テレビの自由化はギリシャでは1989年の法律改正から、という浅い歴史。一番古いものでメガ、アンテナというチャンネルがその89年から放送を開始したのが最初の民営放送。

例えばうちのだんなさんに子どもの頃、テレビのどんな番組を見てたの?と聞くと、彼のお父さんはよく国会中継を見ていたという。延々と続く討論をゆっくり見物していたんだそう。第一、当時の国営チャンネルは、昼間でも、決まった時間帯のみの放送だったという。

私の小学校低学年の記憶は、学校のみんながテレビの音楽番組で流行った歌手などの話ばかりしていたなあというもの。うちはテレビをあまり子どもに見せない方針だったので、私だけ話題についていけなくてつまらなかった。そのくらい、日本人はテレビを普通に見て育っている。
アメリカのドラマや「セサミ・ストリート」のような番組を日本で見ていたよ、という話になって気づいたのが、ギリシャでは古いアメリカのドラマも、見る機会が少なかったはず、ということ。

実際、映画「ミッション・インポッシブル」を見ても、昔の古いけれど有名なTVシリーズは知らないと、私の知っているギリシャ人たちは言う。「セサミ・ストリート」もアメリカ英語の番組のせいか、知られていない。「奥様と魔女」を最近再放送をしていたけれど、有名なのかどうか?日本では知られているシリーズは、こちらでは映る機会が(チャンネルが少なくて?)なかったのかなあという感じ。

今のギリシャではアメリカの映画、人気ドラマ全てが入ってくる。そして海外の映画もドラマもほとんど全て字幕。これはギリシャ語の勉強にも役に立つし、俳優さんのオリジナルの声が聞けてとても嬉しい!
これはイタリアとは対照的。イタリアでは何でも吹き替えが当たり前で、映画館でさえ吹き替えが普通。イギリス英語を話すハリーポッターや、ぼそぼそしゃべるX-FILESのモルダーが、みんな愉快にイタリア語を話すものだから、雰囲気が変わってしまって違和感が抜けない。「メリーポピンズ」や「サウンド・オブ・ミュージック」の歌まで吹き替えで、本当のジュリー・アンドリュースの声さえイタリア人は聞いたことがない。

ところで、ギリシャには、今は無くなってしまったり、寂れて空き地同然になってしまった野外映画館がたくさんある。今大人のギリシャ人たちは、子どもの頃、主にこういう映画館でギリシャ映画を見て育っている。これらの昔なつかしいギリシャ映画は、今でも、もうしつこいって!というくらい、テレビで何回も再放送されている。大抵ほのぼのした明るいストーリーが多くて、古き良き時代のギリシャの雰囲気を味わえる。

心配なのは、あまりテレビを見すぎるのはよくないという感覚が欠けていること。子どももテレビを見すぎる傾向があるように見える。イタリアでは、ずっとテレビにはりついている主婦、お年寄りもたくさんいるけれど、見すぎるのはよくないという意識を持った人も多かったのに。
今のギリシャ人たちは、あまりテレビを見ないで育った世代だからこそ、テレビにはまってしまうのかもしれない。テレビを見すぎるとどうなるか、というのを気にするのは、次の世代になってから?
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:生活編 | コメント:0 | top↑
<<ギリシャの赤ちゃん用語と口語表現 第2弾 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | ギリシャの赤ちゃん用語と口語表現>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。