ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary ギリシャの2大エンターテイメント・ニュース
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギリシャの2大エンターテイメント・ニュース
2006-05-17 Wed 23:59
晴れで暑い。予報では明日28度まで上がるという。

まずは、ギリシャでは明日公開の映画版「ダ・ヴィンチ・コード」について。
先日の日記(5月5日付け日記の「ギリシャ人と宗教」を参照してください。)にも書いたように、前宣伝もすごい。アテネ、テッサロニキ、パトラスなどに、日本にもあるような座席指定の映画館を持っているSTERCINEMAは、今日の時点で予約券44,244枚という記録的な数を販売済だという! TVでのコマーシャルは頻繁に流れているし、ギリシャの携帯電話会社コズモテは、i-modeでも映画の予約ができるのを宣伝している。今まで映画でここまで宣伝が多かったことって、あまり記憶にない。

ところが、ニュースでは一部の狂信的な(ファナティックという単語をギリシャのTVが使っています。)人々が聖職者の方々とともに、メガホンでこの映画を見ないよう叫んでいる風景が映されていた。
先日も別のニュースで、ある教会で、この映画がどういうものか説明し、いや、キリストは罪を犯したことがない、教会での教えが正しく、映画はとんでもない嘘を言っているというようなパンフレットを配っているのも見せていた。

またよくギリシャへバカンスにやってくるトム・ハンクスの奥さん、リタ・ウィルソンはギリシャ人ハーフで、子どもたちもギリシャ正教の洗礼を受けているそうだ。それで、アメリカのギリシャ正教団体からの抗議などは受けていないのかということを、ギリシャのジャーナリストが質問したところ、抗議などは受けていないし、この「ダ・ヴィンチ・コード」はあくまでもある説を小説にしたものである、と皆知っているのだから、説としてオープンに受け入れるべきだ、というような返事だったそうだ。

最終的にどのくらいの観客動員数で、どういう反応か、というのは明日以降のお楽しみ。


ギリシャのもう一つのニュースはなんといってもユーロヴィジョン!
イタリアは近年参加もしていなくて、興味を持っている人もいないし放送もされていない。
というわけで、ギリシャに来て初めて知ったこの催しだけれど、もうサッカー優勝と同じくらい盛り上がるのだ。2年前に大人気のサキス・ルヴァスが優勝を争って、結局負けてしまったときも、国民全員が旗を振って応援!というくらい盛り上がっていた。その歌「SHAKE IT!」は振り付けまで覚えて、だんなさんのいとこの子供達も踊っていたけれど、耳にたこが出来るほどいつもテレビとラジオで流れる状態。国旗が模様になったTシャツが飛ぶように売れて、子供達も大人も着て大流行した。(私も一着持ってます。)

昨年はギリシャの女性人気歌手エレナ・パパリズーがとうとう優勝。これは優勝するとその国が翌年の開催国になるので、またまたギリシャ中盛り上がった。でも昨年は、選ばれた歌も当日の演奏(本当はとても声もいいし、実力があるのに緊張しすぎで声が出ていなかったんです。)も、その前の年ほどよくなかったと思うので、ユーロヴィジョンを独占している国営放送ERTの戦略勝ちという風に私には見えた。パパリズーはスウェーデン育ちで、すでにヨーロッパでも有名だというので起用されたし、ユーロヴィジョン前の、各国への宣伝活動も綿密だったのだ。

まあそれは置いておいて、今年はアンナ・ヴィッシーという超人気歌手が歌う。さらにユーロヴィジョンの司会者は、先述の歌手サキス・ルヴァスとアメリカで有名な、マリア・メヌーノスというアメリカ育ちギリシャ人の女優さん。
ユーロヴィジョンが人気なのは、主に東欧の国が多く、元ソヴィエト連邦の国々がお互いに票を入れるという傾向があるけれど、この中から、世界で有名になった歌手も出ているヨーロッパの伝統行事。もったいないなあと思うのは、他の国の受けを狙って、本当の地元の国のポップスではなく、いかにもというような、アメリカのポップスっぽいものを歌う国が多いこと。それに、英語で歌わない歌手もいるけれど、その場合の翻訳がないので、歌詞の内容がわからなくて残念だったりする。

とにかく、これだけ盛り上がるギリシャで開催のユーロヴィジョン。今年はどんなものになるのか、楽しみだ。



☆ユーロヴィジョン関連のブログ記事リンク☆
★このユーロ・ヴィジョン開催で盛り上がるアテネの様子は、☆★アテネより愛をこめて ~素顔のギリシャ 宝物の日々~★☆で生々しく伝わってきます。
★歌手アンナ・ヴィッシーについては、ATLANTIDA-ギリシャ便り-にて詳しく載っているので、是非!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | ギリシャ:今日の出来事 | コメント:12 | top↑
<<5月のギリシャでお散歩 | ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary | 電気工事が終了!>>
☆コメントありがとうございます☆

コメントご記入後、すぐにはコメントが反映されません。荒らされないように、承認確認後の公開としています。書き込みいただいたことに気づきしだいすぐ、承認しますので、申し訳ありませんがご了承お願いいたします。

Hello!
271828さん、こんにちは!
私は見たくて仕方がないんですが、まだなんですよ。「ダ・ヴィンチ・コード」!
夫婦割引があるなんて、期間限定でもお得ですね!
やっぱり実際にキリストの子孫が生きているというのは、荒唐無稽ですが、本の説得力があった部分は、やっぱり聖書は、実際のキリストの生涯から時を経て書かれている上に、書かれた当時の支配者の意向が影響しているから、真実が隠されている可能性がある、という点でした。例のナショナル・ジオグラフィックのユダが裏切り者ではないかもしれないという写本も、同じ理由が根拠となって、真実味があるのですが。
本より映画がイマイチという批評をいろいろ見たので、いつか本も是非読んで見てください。本は純粋におもしろくて、途中で止まらなくなります。
2006-05-24 Wed 05:54 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
chottocafeさん、こんいちは。

日曜日の夜、家内をつれて映画『ダ・ヴィンチ・コード』を見てきました。日本では来月末まで「夫婦50歳割引」というサービスがあり、夫婦どちらかが50歳以上なら二人で¥2,000で入場できます。車の免許を提示すればよく、夫婦である証明は不要です。

さて中身ですが、聖書に関する宝探し・謎解きにしてはディレッタント風で、小説読まなくて良かったと思いました。どうせ荒唐無稽ならば「インディー・ジョーンズ 失われたアーク」の方が無邪気で楽しめます。
2006-05-23 Tue 14:19 | URL | 271828 #-[ 内容変更]
Hello!
271828さん、こんにちは!
そうですよね。私もギリシャがいつもギリシャらしくない曲を選ぶのを残念に思っています。歌詞も英語ですしね。

私のイタリアの親友も姓がガリレイなのですが、それがガリレオ家の、ということなんですねー。ヴィンチ村はフィレンツェのそばですよ。
2006-05-20 Sat 02:44 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
去年優勝したHELENA PAPARIZOUさんの公式サイトでMy Number One のさわりをビデオで見ました。万人受けしますがイマイチ私の心は感動しません。お国言葉にもっと誇りを持って欲しいですね。

-500年から+300年位の長い間、ギリシャ語こそが地中海世界の共通語だったという歴史もありますね。新訳聖書もギリシャ語(コイネー)で書かれたから普及したのでしたね。

もう一つの違和感。私の先生はガリレオの研究者なので、レオナルド・ダ・ヴィンチは「ヴィンチ村のレオナルド」が本来の意味、名前ー姓とは少し違うこと。またガリレイはガリレオの複数形なので「ガリレオ家のガリレオ」だと教わりました。
2006-05-19 Fri 12:06 | URL | 271828 #nH8X8vd2[ 内容変更]
Hello!
harulaさん、こんにちは!
その違和感というの、ちょっとわかります。考えていたんですが、多分歌い方がギリシャのPOPSっぽいのに、バラードでギリシャ音楽じゃないから!?
ギリシャはいつもユーロヴィジョンでギリシャらしくない音楽を選ぶのが不満です!!
まあでも、自分の歌詞ですごく気に入ってるらしいので、感情たっぷりこめて歌ってくれそうですね。

「ダ・ヴィンチ・コード」映画版、カンヌでの批評家の評判はあまり芳しくなかったらしいですけど、やっぱりとにかく私も見てみたいです。
2006-05-19 Fri 07:35 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
kiyomulanさん、準決勝見れました?
作詞が自作という話は、ユーロヴィジョンの曲の選定の時に、アンナ・ヴィッシーがインタビューで言っていたんです。
あさっては強豪が一杯で接戦になりそうですね!
2006-05-19 Fri 07:29 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
Mic'oさん、ボスニアの決勝進出おめでとうございま~す!!
バラードですごく良かったですよ。絶対決勝行くなと聴いて思いました。
やっぱり今年も歌詞の翻訳はないです。歌って音楽と声とプラス歌詞の内容もあるから、各TV局が訳をつけるべきだって思うんですけれど!もったいないですよね。
耳たこってことは、サキスの「Shake it」はボスニアでも人気だったんですか!?

2006-05-19 Fri 07:27 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
リンクありがとうございます。
いよいよですね。
連続で優勝するとは、思えませんがいい成績が残せたら又来年も出場資格がもらえるしがんばってもらいまショー。

アンナヴィッシーは、好きですがEverything のプロモーションビデオは、英語となんか違和感があってどーも好きになれません。
ギリシャ語に直して歌ってくれたら違和感がなくなるかも。。。。。
(こう思っているの私だけかもしれませんが)

夜中の討論会から朝の番組までダ・ヴィンチ・コードを見る見るなでもめていますね。
とにかく見てから討論しても良いと私は、思うのですが。。
2006-05-19 Fri 00:03 | URL | harula #rbF5.QZA[ 内容変更]
Hello!
リンクありがとうございます!!アンナ・ヴィッシの歌詞が自作だとは知りませんでした。
いよいよ今日が予選ですね。子供を早く寝かしつけてゆっくり見ようと思います!
2006-05-18 Thu 18:09 | URL | kiyomulan #-[ 内容変更]
Hello!
「Shake it!」私も耳タコになる位聞きましたよ~(笑)実は未だに頭から離れないかも・・という位。あの年はボスニアからDEENというオカマちゃん(一応男性歌手ですが一目瞭然・・)が出場し、アマゾネスパワー全開のルスラナ(ウクライナ)と大人のしっとりとした歌で聴かせるジェリコ・ヨクシモビッチ(セルビア・モンテネグロ)がかなりの接戦でした。

あえて英語で歌わないというのは、私は賛成派です。上記のジェリコも母国語で歌ったんですけど、本選を前にしたインタビューで「なぜ英語で歌わないのか?」と尋ねられた際に「オリジナルの言語で歌うのがオーセンティックだから」と答えてたんですね。まあ、周辺国の友好票もかなり集まりましたけど、それでも最後まで優勝争いに食い込んだのは言語を越えて聴かせる楽曲だったからだと思います。英語は世界の共通語と化してますけど、欧州の視聴者がが皆完璧に英語を分るかといえばそうではないですからね。逆に旧ユーゴでも英語訳にした歌で臨んだクロアチアの歌手はそれ程得票が伸びなかったですし、オリジナルが分る側から言えば、英語にした事で本来歌が持つ味わいが減ってしまったように感じました。

英語でも現地語でも構いませんが、視聴者に媚を売るのではなく、国の代表として恥ずかしくない、視聴者を魅了する楽曲を披露してもらいたいものですね。ましてや昨年の某国のように外国人グループ(先祖がその国出身などでなく)を自国の代表として送り込むのは言語道断!まあ、それ程真剣な大会だとも思いませんけど(汗)

ちなみにボスニアは予選からの出場で、ハリ・マタ・ハリというこの国ではかなり有名な中年男性シンガーで勝負にでました。上で紹介したジェリコ・ヨクシモビッチが楽曲を提供したり、となかなか面白い事になっていますが、予選敗退だったらどうしよう・・(汗)

長々と失礼しました。
2006-05-18 Thu 16:51 | URL | Mic'o #v9q.gVLQ[ 内容変更]
COMMENT,Thank you!
271828さん、おはようございます。そして初めまして。
ギリシャ人たちも日本の演歌をギリシャの歌の似ていると言うんですよ!
以前飲みにいった、あるパトラスのクラブでDJがだんなさんの知り合いだったんです。彼は私が日本人と知ると、昔船の仕事で行ったときに日本で買ったCDがあるといって、かけてくれたんですが、歌の歌詞を聴くまで私もギリシャ人たちも日本のとは分からないくらいでした。歌にもよりますが、本当に演歌を思い出させるものが時々あります。
アンナ・ヴィッシーがユーロ・ヴィジョンで歌う曲は、今回ギリシャらしいポップスではなく、バラードなのですが、彼女自身が作詞していて、思い入れがあるそうです。楽しみですね!!
2006-05-18 Thu 16:51 | URL | chottocafe #-[ 内容変更]
Hello!
chottocafeさん、おはよう。

日本でも本屋さんの店頭に「ハリーポッター」と「ダビンチコード」が平積みされています。それに土曜日からは映画も公開されるのです。

一方ではユーロヴィジョンコンテストの話題は一切報道されていませんね。
昨年の正月にアテネに遊んでCD屋で平積みされていたΑΝΝΑ ΒΙΣΣΗのライブ盤を買って、ホテルで聞いてから彼女のファンです。
帰国して紐育の希臘人商店からΩ! ΚΥΠΡΟΣ('95)、ΤΡΑΥΜΑ('97)、ΑΝΤΙΔΟΤΟ('98)を購入して楽しんでいます。
アメリカンポップス風でなくエスニックな感じが日本の演歌にも通じるところがあって好きです。このまま日本語の歌詞を付けたら日本でも流行るかな、というのもありますね。
ともかく彼女には頑張って欲しいです。日本の地方都市からも応援しています!
2006-05-18 Thu 06:10 | URL | 271828 #nH8X8vd2[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。