ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary 鳥インフルエンザ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | スポンサー広告 | top↑
鳥インフルエンザ
2006-03-09 Thu 00:00
曇り
イタリアで、道路の真ん中で立ち往生していた子猫を拾った。まだ小さすぎ、ミルクもひとりで飲めないくらいで、耳と、大きな目だけが目立っていたので、トッポジージョを連想して、名前はジージョ。

4年の間にすくすく育って体は大きいのに、拾う前に怖い目にあったらしいトラウマが残っていて、ものすごく怖がり!隣に住んでいて、私の保護者のような存在だった、マリアもメスの黒猫を飼っていて、ジージョも少しずつ仲良くなったので、イタリアを去ったとき、養子(?)のように預かってもらった。

今、心配なのが、鳥のインフルエンザ!イタリアでは、日本のように、家の中に閉じ込めて猫を飼うのはかわいそうなので、自由にでかけさせる。それに慣れている上に、田舎なので、鳥のハンティングにも村人がでかけるくらい、野鳥も豊富。今日も鳥のインフルエンザが感染して、猫が死んでしまったというのをニュースで聞き、心配になる。
スポンサーサイト

 ☆☆☆ このブログを気に入って下さったら応援(一票)をお願いします!☆☆

別窓 | イタリア | top↑
| ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。